中古トラック購入について

中古トラックはどんなお店で購入するの

中古トラックを購入するには、路面販売店利用とインターネットの各社通販サイト利用、オークションサイトの利用が考えられます。
購入価格は路面販売店が1番高く、次にインターネットの各社通販サイト販売店となります。

 

こちらも中古トラックの情報が満載でおすすめです。

 

1番安くなるのがオークションサイトを利用した場合です。また、仲介料も同じ順番で高くなります。
しかし、それぞれの販売店の安心感や信頼性も同じ順で高く、購入後のアフターフォローなどに違いがあります。
最近ではインターネット上での中古車販売もかなり発達しているので、安心して取引できる業者も増えてきています。

 

路面販売店には、一般中古車販売店とディーラーがあります。ディーラーとは、通常自動車メーカー系列の新車販売店です。自社の下取り車や展示車などを中心に、中古トラックを販売しています。価格は高めですが、走行距離が少なめで高品質な中古トラックが多いのが特徴です。一般中古車販売店は、さまざまなメーカーの中古トラックから選べるのが魅力です。また、ディーラーに比べると低価格な場合が多いです。路面販売店の魅力は、実車を見て購入できるという点です。

 

どの販売店で中古トラックを購入する際にも、注意するポイントがあります。事故車は、修理された上で普通に販売されています。しかし見えない部分の故障がそのままで、購入後に影響がでて故障する場合も多くあります。購入前に事故の有無を確認しておきましょう。インターネットの各社通販サイトやオークションサイトの場合は、販売車の更新日付が最近の日付になっているかを確認しましょう。なかには、同じ車を宣伝用に使っているだけの場合もあり日付を記載していない業者もあります。

更新履歴